名刺に使う英語の住所表記について

名刺デザイン・スタジオキューブのヘッダ 名刺デザインスタジオキューブ・サイトマップ 名刺リピートオーダー 買い物かご

トップページ

名刺詳細メニューバー 印刷・台紙について フォント変更 裏面印刷 納期 よくあるご質問 データ入稿のご注意 オススメ名刺画像 筆文字名刺サンプル 筆文字名刺サンプル 落款風名刺サンプル お名前デザイン名刺サンプル 携帯デザイン名刺サンプル 和の花の名刺サンプル

英語では、住所の狭い範囲から広い範囲へ順に表します。ですので、番地・町名・区・都道府県・郵便番号・国名などの順になります。例えば、スタジオキューブの住所
657-0059 兵庫県神戸市灘区篠原南町1-5-3-206 の場合は
1-5-3-206, Shinoharaminami-machi, Nada-ku, Kobe-shi, 657-0059, JAPAN のようになります。

これでもいいのですが、私の好みではマンションの部屋番号は #206 としたいので
#206, 1-5-3, Shinoharaminami-machi, Nada-ku, Kobe-shi, 657-0059, JAPAN
という風に記述することも出来ます。

また、Kobe-shi でも Kobe-city でもどちらでもいいのですが、ku や machi が日本語読みなので、私は shi と読みを統一しています。

これが「京都府京都市」など都道府県名と市名が同じ場合は「市」を省略しても通用します。
〜Gion-machi, Higashiyama-ku, Kyoto, 605-0074, JAPAN
のように、Kyoto-shi を省略できます。また、KYOTO とすべて大文字にしてもかまいません。このように厳密な決まりはなく、日本国内の郵便屋さんが困らなければOKのようです。

電話番号については、国際電話の場合「国番号」が必要になります。日本の「国番号」は 81 ですので、例えばスタジオキューブの電話番号の場合は、
078-861-1302 → +81-78-861-1302 のように、市外局番の頭の「0」を取ります

また、ご自分のお名前のローマ字表記ですが、お名前が先か名字が先か、悩んでおられる方もいらっしゃると思います。「お名前のローマ字表記について」もご参考にどうぞ。


英語表記などに関するご相談にはお応えできかねますのでメールでのご連絡などはご遠慮くださいますようお願い申し上げます。


右側タブ お買い物ガイド 当店の情報 お役立ち情報

名刺デザイン・スタジオキューブ 兵庫県神戸市灘区篠原南町1-5-3-206 メールの画像 support@studio-cube.com
当サイトのデザイン・画像およびテキストの無断引用・転載は堅くお断り申し上げます
Copyright (c)1999-2014 Studio Cube All Rights Reserved.